信頼できるベビーシッターの選択方法

幼稚園や保育園、さらには保育士が不足することによって、特に共働きの家庭では子供を預けることができず、非常に困っている状況です。

ベビーシッター関連情報を解説します。

国や自治体は子育て支援として、様々な施策を展開していますが、ベビーシッターに関する情報提供や斡旋もその一環と位置付けられています。

ここ数年、急激に参集数が増えてきていますが、その背景には待機児童の問題だけでなく、国家資格を必要としないため参入しやすいといった側面もあります。

YOMIURI ONLINEが評判になっています。

そのため、一部ではトラブルが発生し新聞や雑誌などで報道されることもありました。


こうした事態を回避するため、公益社団法人全国保育サービス協会では、ベビーシッターの資格認定制度を設けて、保護者が安心して子供を預けることができる仕組みづくりを行っています。

さて、実際にベビーシッターを依頼する際、資格認定されている人を派遣する会社に依頼したいものですが、この場合便利なのが、比較サイトや自治体の子育て支援窓口になります。
まず、比較サイトには口コミ情報を数多く掲載されていますので、表面には出ない実態も分かりますので参考になります。併せて利用したいのが、自治体の子育て支援窓口ですが、ここでは自治体に届出を行っている、有資格者を要する派遣会社しか紹介しませんので安心して使用できます。待機児童の問題が解決されない限り、今後もベビーシッターの需要は高まると思いますが、それだけに慎重に選択することは非常に大切ですから、1つの情報だけを頼りにするのではなく、複数の情報を収集し選択することが大切なのです。