レンタルヘリコプターにもコードシェアがあります

subpage1

コードシェアとは何かご存知でしょうか。
コードシェアは一つの定期航空便に対し、複数の航空会社の便名を使って運航が行われる便を意味しています。
数社の航空会社が共同で運航するなどからも共同運航便と呼びます。これは旅客機だけではなくレンタルヘリコプターにも存在しており、一般的にレンタルヘリコプターと聞くと、ヘリコプター1機を丸ごと借りるなどのイメージを持つ人は多いかと思われますが、コードシェアの場合は必要座席だけを借りられるメリットを持ちます。


ヘリコプター1機をレンタルするとなると高額な費用が掛かる、しかしコードシェアを使えば、必要人数分だけの料金で済むわけです。
ヘリコプターの運航速度は約200kmと言われており、直線距離で目的地に到達出来るため、新幹線や車よりも早いメリットを持っています。

レンタルヘリコプターの情報探しはそれほど難しくありません。

車などの場合は渋滞がありますが、ヘリコプターは渋滞がないのも魅力と言えましょう。



また、航空機の場合には最寄りの飛行場まで出掛ける必要がありますし、搭乗時間の1時間や2時間前には飛行場に着いていなければなりません。

その点、ヘリコプターは搭乗時間が約20分と短く、忙しいビジネスマンにとっても無駄な時間をなくせるなどのメリットもあるわけです。



ちなみに、レンタルヘリコプターはビルの屋上が搭乗場所になっているケースもあれば、専用のヘリポートからの離陸および着陸になっているケースなど様々です。
レンタルヘリコプターのサービスを利用する時には、身近な場所にあるヘリポートから搭乗出来るサービスを使うのが便利です。